横浜市青葉区 青葉台 心療内科 神経科 精神科 うつ病 パニック障害 不眠症

橋本クリニック

045-989-5220

田園都市線青葉台駅 北口より徒歩5分

〒227-0062 神奈川県横浜市青葉区青葉台2-18-3 モリエ-ル青葉台2A

橋本クリニック

不眠症

不眠症について

不眠症とは
橋本クリニック

疲れているのに寝付けない。眠りが浅く途中で目が覚めてしまうなどの睡眠障害です。

不眠症のタイプを知りましょう

不眠症は大きく分けて4つのタイプがあります。人によっては1つの症状の場合もありますし、2つ以上が当てはまる場合もあります。

不眠症のタイプ

不眠症の4つのタイプ

下記のような症状が1か月以上続き、社会生活に支障がある場合を「不眠症」といいます。

入眠障害
橋本クリニック

床に入ってもなかなか寝付けない、眠りにつくのに30分~1時間以上かかり、それを苦痛と感じる。

 
中途覚醒
橋本クリニック

夜中に何度も目が覚めて、その後、なかなか寝付けない。

 
早朝覚醒
橋本クリニック

朝早く目が覚めて、もう一度眠ることができない。

 
熟眠障害
橋本クリニック

睡眠時間は十分なのに、ぐっすり眠った感じが得られなかったり、眠りが浅いと感じる。

心地よい眠りのためのポイント

同じ時間に毎日起床
橋本クリニック

早く寝るための近道は、早く起きる習慣をつけることです。とくに週末など、油断して遅くまで寝ていると、からだのリズムがくずれ、夜の寝つきが悪くなります。

 
朝の光を利用
橋本クリニック

朝起きたら、まず太陽の光を浴びましょう。太陽の光を浴びると体内時計がはたらいて、からだ自体が目を覚まし、すっきり起きることができます。

 
規則正しい生活習慣を
橋本クリニック

毎日朝食を食べる習慣は、起床時間の少し前から消化器の働きを活発にし、朝起きるのを助けてくれるようになります。

 
日中は適度にからだを動かす
橋本クリニック

毎日適度にからだを動かすと、からだのリズムが整ってきます。また心地よい疲労感を得ることで、ぐっすり深く眠れるようになります。

 
寝る前にリラックス
橋本クリニック

夜寝る前に強い刺激を受けると、からだは眠れなくなってしまいます。夜はぬるめのお風呂にゆっくり入る、気持ちを楽にするなど、自分にあったリラックス方法をみつけましょう。

 
寝る前にコーヒー・タバコをやめる
橋本クリニック

コーヒーや紅茶、緑茶などは、リラックスできるように見えますが、からだにとっては刺激物です。布団に入る4時間前までにしましょう。タバコも同様に、布団に入る1時間前までにしましょう。

 
快適な睡眠は快適な寝具から
橋本クリニック

布団や枕は、汗などの湿気を含みやすく、雑菌が繁殖しやすくなります。汚れた寝具はアレルギー症状を引き起こしたり、快適な眠りの邪魔になることもあります。

pagetop

045-989-5220